So-net無料ブログ作成
検索選択

井上和香の旦那、飯塚健のGTOが視聴者に受け入れられずに惨敗! [芸能]

女優井上和香さんの旦那、飯塚健監督が手がけた

EXILE・AKIRA主演の連続ドラマ『GTO』が、

平均視聴率7.1%で視聴者の酷評を招いていたようです。


低い時では、5%台まで落ち込む時もあったといいます。



飯塚健監督が手がけたのは3作目のGTOでしたが、

1作目のGTOの監督は、

現在『◯◯妻』を手がけている遊川和彦監督で、

その時のGTO、鬼塚英吉役は反町隆史さんでしたね。


反町隆史さんのGTOの視聴率が35%を超えていただけに、

飯塚健監督の起用は失敗だったと言わざる負えないようです。



<酷評の原因は何?>




飯塚健監督はドラマより、

映画を撮るほうが向いているようです。



飯塚健監督をGTOの監督に起用した理由を、


「今までのGTOの作品性に新しいエッセンスを加えるため」


とプロデューサーは語っていましたが、

オシャレな“引きの画”や、

アクの強い会話遊びといった映画的で

演出重視のカットが『GTO』の世界観には

合っていなかったようです。




スポンサードリンク






<視聴者の反応は?>




2作目となるGTOから

EXILE・AKIRAさんが主演となりましたが、

この時の視聴率は初回で15.1%を記録して、

平均視聴率でもトップになるほど好調でした。


この時のGTOは主演などを変えての

1作目のリメイクだったのですが、

飯塚健監督のGTOは全話オリジナルストーリーだったようです。



そのため視聴者たちの反応は、


「EXILEファンだから見てたけど、最後まで面白くなかった」

「『GTO』に求めてるのは、こういうのじゃない」

「心に響くこともなく、ダラダラと時間が過ぎるドラマ」

「(原作者の)藤沢とおる先生に謝ってほしい」

タイトルが『GTO』である必要が感じられなかった」


と散々な酷評となってしまいました。



飯塚健監督のGTOは原作をいじりすぎてしまったようで、

視聴者の心には響かなかったようです。




今回のGTOに関しては酷評ばかりで

残念な結果となってしまいましたが、

飯塚健監督は映画の方では定評のある監督なので、

今後の活躍に期待したいですね。




以上になりますが、

ここまでお読みいただきありがとうございました。



スポンサードリンク





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。