So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ ブログトップ

中島沙樹の名義は他に小町多すずえ、沢村かすみ、波奈束風景、優希芹果と言う名義を使っていたらしい [アニメ]

中島沙樹さんという方の名義が探されているようです。


中島沙樹さんは、

アニメゲームなどの

声優として活躍している人で、

残念ながら知名度は、

それほどでもないみたいですね。


ちょっと調べてみたのですが、

確かにどの出演作を見てみても、

声優として役どころはビミョ~かと感じますね。



さて、中島沙樹さんですが、

この名前は本名なのですが、

実は裏の名義があるそうです。


そこで中島沙樹さんのプロフィールと、

裏の名義について触れてみたいと思います。^^



<中島沙樹(なかじま さき)>




生年月日    1978年9月1日(36歳)

血液型     O型

愛称       さきっちょん、沙樹ちゃん

職業       声優、ナレーター

出身地     埼玉県

事務所     東京俳優生活協同組合



声優として初デビューしたのは1998年の、

快傑蒸気探偵団 TV ANIMATION SERIESでした。


最も、看護婦Aという脇役だったので、

普通なら気付きませんよね。^^



その後2002年、

アニメ東京ミュウミュウの桃宮いちご役で

初の主演を獲得しています。



その他ざっと上げてみると、


デュエル・マスターズ(黄昏ミミ)

BLEACH(本匠千鶴)

MÄR -メルヘヴン-(ドロシー)

それいけ!アンパンマン(クロワッサン姫)

ハヤテのごとく!(貴嶋サキ、大河内大河、黄昏ミミ、ギンタンの彼女)

絶対可憐チルドレン(小鹿佳子)

名探偵コナン(田中理沙子)

大図書館の羊飼い(望月真帆)



と言ったあたりでしょうか?


なかなかたくさんの作品に出演していますよ。^^



スポンサードリンク






<中島沙樹の裏の名義とは?>




中島沙樹さんは声優として活躍されているですが、

その活動の幅は、

一般的なアニメやゲームだけではないようです。



実は本名以外の別名義で、


小野多すずえ

沢村かすみ

波奈束風景

優希芹果


という名義でも活動していたそうです。


で、その名義で活動していた先は、

成人向けゲームなんだそうです。




どのお仕事をしていてもそうだと思いますが、

なかなか一本のお仕事で生活していくのは、

厳しい時代ですよね。



本業の後に別のアルバイト

掛け持ちしている人も多いかと思います。


中島沙樹さんもおそらく、

お仕事を選んではいられなかったのでしょうね。



お仕事としては同じ声優ですが、

多分勝手は違うかと思います。


大変でしょうが、

今後の活躍を期待しています。^^



スポンサードリンク






アナと雪の女王の続編キター!フローズンフィーバーの内容とは?絵本も発売中!! [アニメ]

ディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』の続編が制作されているようです。

その続編タイトルは、『フローズン・フィーバー(原題) / Frozen Fever』と言うそうです。^^

アナと雪の女王の続編製作の情報は、本編でエルサの声を演じた、
イディナ・メンゼルが制作準備は進んでいると、
コメントしていたので確かな情報だと言えます。


アナと雪の女王の続編、フローズン・フィーバーの公開予定は2015年の春になるようです。

そのほか、アナと雪の女王のフローズンフィーバーに加え、
ミュージカル舞台版や、絵本の発売も進んでいるようです。



<フローズンフィーバーの気になる内容は?>

アナの誕生日お祝いするパーティーの時のお話で、
姉のエルサの強すぎる魔法の力が暴走して、
アナの誕生日パーティーが危機にさらされるといった内容のようです。


制作監督は前作に引き続き、クリス・バック&ジェニファー・リーが手がけ、
ロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻も、
引き続き数々の名曲を生み出してれることでしょう。^^

アナと雪の女王の名曲、『Let It Go』を超える素晴らしい新曲を
期待したいですね。^^



スポンサードリンク






<アナと雪の女王の続編は絵本もあります^^>

絵本の内容は続編といいますか、サイドストーリーのようです。

アレンデール王国の女王と王女として、
仲の良い姉妹に戻ったアナとエルサの日常を描いていくサイドストーリーです。


この絵本は順次刊行されていくようで、

第1弾は、『アナと雪の女王 トナカイの ともだちです。
2014年11月8日発売中


第2弾は、『アナと雪の女王 トロールのあかちゃん』
2015年1月16日発売


第3弾は、『アナと雪の女王 たのしいふねのたび』
2015年4月発売予定


第4弾は、『アナと雪の女王 オラフのすてきないちにち』
2015年6月発売予定


本のタイトルは変更になる場合があるそうです。^^


さらに第5弾、第6弾と絵本は順次発売される模様です。

アナと雪の女王のファンは要チェックかもしれませんね。^^



スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ジバニャンのキャラ弁が人気でエラいこっちゃ!ジバニャンの過去に秘密がある? [アニメ]

妖怪ウォッチの勢いがすごいですね。^^

まるで一昔前(そこまで古くない?)のポケモンブームでしょか?
ポケモンの人気キャラクター(モンスター)は、間違いなくピカチュウでしょう。

そして妖怪ウォッチで人気なキャラ?はジバニャンですね。^^

ネット上では『ジバニャンかわいい』などの書き込みも、よく見かけます。


中にはジバニャンとピカチュウのどっちがかわいいかなんて、スレッドが立つほど両者の人気ぶりはうかがい知れると思います。

まあ、猫とねずみの対決っていうのもどうかと思いますが。(笑)



こういった人気のキャラクターたちって、子供たちから絶大な人気を集めますが、その一方でお母様方にも喜ばれているようですね。

少しでも我が子を喜ばせたい、好き嫌いの多いうちの子がお弁当を残さず食べてもらいたい、そんな悩めるお母様方にジバニャンはキャラ弁に進化しました。(←大げさ(笑))


というのもジバニャンで調べると、キャラ弁ってのがたくさん引っかかってくるんですよね。^^

クックパッドなどの料理レシピのサイトで、ジバニャンの他、妖怪ウォッチのウィスパーのキャラ弁とか、ノガッパ、フユニャン、コマさん、ボルボーノ、ひもじい、つちのこなどなど、たくさんのキャラ弁が紹介されています。


その中でダントツの人気はやっぱりジバニャンです。

ほんとに朝の忙しい時間(それとも前日の夜?)に、こんな手の込んだキャラ弁を作っているなんて、世のお母様方には頭の下がる思いです。m(_ _)m


確かにジバニャンは見た目もかわいらしく、ピカチュウの再来を彷彿とさせるイメージが有ります。

ですが人気の秘密は、可愛いからだけではなさそうです。


ジバニャンもピカチュウもともにかわいいですが、しかし、ジバニャンの過去にはある秘密があるようです。
そしてジバニャンの過去は、泣かせるものがありますね。



スポンサードリンク






なんでもトラックにひかれた猫の地縛霊が、ジバニャンになったんだとか・・・

ジバクレイニャンコ?→ジバニャン!^^



地縛霊になる前のジバニャンは、アカマルという名前の猫で、その名の通り赤い猫です。^^

あるときアカマルの飼い主のエミちゃんという女の子は、トラックにひかれて死ぬ運命にあったのですが、そこをアカマルがエミちゃんを助けるために、代わりにひかれてしまったという悲しい過去を持っています。

地縛霊になるからには、相応の強い想い(怨念)がアカマルにはあったのですが、その想いとは助けたはずのエミちゃんから投げかけられた『ダサっ』っていう言葉でした。

アカマルが亡くなる寸前に聞いた『ダサっ』っていう言葉が、アカマルが成仏できずに地縛霊になってしまった過去のエピソードなんですね。


ですがここには大きな誤解があって、意識の薄れゆくアカマルが最後に聞いた言葉が『ダサっ』ってフレーズで、ここだけが強烈に記憶に焼き付いてしまったのですね。


エミちゃんは本当は、

『私を守るために車にひかれたくらいで死んじゃうなんて、ダサいよ、ダサすぎるよ・・・』

という感じの言葉で、アカマルが亡くなってとても悲しんでいたのです。


アカマル=ジバニャンが、エミちゃんのことを勘違いしたままなのはとても悲しいことですね。

こういった悲しい過去のエピソードも、ジバニャンの人気に一役買っていることでしょうね。^^



さて、ジバニャン人気がすごいことになっていると、お届けできたかな?できてるといいな><

で、その人気ぶりにNHKが目をつけたのでしょうか?
ジバニャンが紅白にも出てくるみたいですね。^^

妖怪ウォッチブームで子どもたちの目を、紅白歌合戦にも向けてもらいたい旨があるようです。


紅白歌合戦の視聴率も落ちているのでしょうね。

もし紅白歌合戦の視聴率が上がったら、それは多分妖怪の仕業でしょうね(笑)



スポンサードリンク






SAO第2期アニメ、キャリバー編と北欧神話との関係性をのたまった!(笑) [アニメ]

ソードアートオンラインⅡ、今アニメの第2期が大人気ですよね。


第1期目から見てる人は、今回のキャリバー編はアインクラッド編からの主要人物たちがほぼ勢ぞろいで、それぞれのキャラクターたちがどんな絡みをするのかも、見所のひとつではないかと思います。(人によってはエギルが出てこないのが残念という声も ^_^)

この第2期のキャリバー編はゲーム世界らしい展開で、前回のガンゲイルオンライン編の殺伐とした雰囲気と違って、かなり安心して見られる話になると思います。

ラスト付近で少々ハラハラさせられますが、キリトたちがどのようにしてキャリバーを手に入れるのか安心して見ていてください(笑)



スポンサードリンク






ところでこのキャリバーって何ぞや?とお思いの方もいるかと思います。
これ、ゲーム世界ではとても有名なかの剣、エクスカリバーのことです。
エクスカリバーと言えばアーサー王伝説と言うぐらい、このジャンルの世界では超有名です。

このアーサー王伝説はさまざまな国に広がっており、それぞれの国の言葉によってエクスカリバーもさまざまな呼ばれ方をしています。
いくつかあげますと、エクスキャリバー、エクスカリボール、カリバーン、キャリバーン、コールブランドなど、SAO原作者、川原 礫氏はエクスキャリバーを採用したのだと思います。


さて、現在のキャリバー編、舞台はアルブヘイムという妖精のすむ世界の話ですが、この世界は北欧神話をベースにしているのです。


ざっとまとめると、北欧神話の世界観は9つの世界から成り立っており、一番上に神々が住んでいる世界アースガルズがあり、一番下最下層にニヴルヘイムがあります。

この世界は一本の巨大な木、世界樹ユグドラシルによって繋がっており、あいだにはヴァナヘイム、ミッドガルズ、ムスペルヘイム、アルヴヘイム、スヴァルトアルヴヘイム、ニダヴェリール、ヨトゥンヘイムがあります。

キリトたちが戦う霜の巨人の王、スリュムは氷の世界ヨトゥンヘイムを支配する王のようです。

僕も詳しいわけではありませんが、北欧神話は最終的に、神々すべてが滅ぶと言われるラグナロクと言う最終戦争が起こります。

結局人の世も、神々の世も、戦争は絶えないのかもしれませんね。



スポンサードリンク






ソードアートオンライン、小説からアニメ、ゲームへと爆発的に広がってます [アニメ]

アニメソードアートオンライン、アニメが好きな方は結構見ているのではないでしょうか?

チェックしてる方ならご存知でしょうが、このアニメ、アスキーメディアワークスの電撃文庫より出版されたライトノベルが原作です。

もっと詳しく言うならば、作者 川原 礫(かわはら れき)が自身のウェブサイトで掲載したオンライン小説口コミなどを通じて支持され、小説として出版されたという経緯があります(詳しくは小説、ソードアートオンライン1の作者あとがきをご覧ください)。



さて、現在放送中のソードアートオンライン(SAO)はセカンドシーズンですが、物語はさまざまな舞台を変えて進んで行きます。

というのもこの作品、未来のバーチャルMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)というゲームの中の世界を中心にして語られる物語で、始まりのアインクラッド編、次のアルブヘイムオンライン編、ガンゲイルオンライン編などと、次々ゲーム世界を変えて語られて行きます。

主人公はリアルの世界では(バーチャルゲーム世界に対しての現実世界)ごく平凡な高校生、桐ケ谷 和人(きりがや かずと)ですが、ゲーム世界の中では黒の剣士キリトなどと呼ばれ、少し浮いた存在として注目されています。

そしてさまざまな体験を通して、人と出会い、仲間を作り、絆を深めて困難に立ち向かって行きます。



スポンサードリンク






物語の中身に関してはぜひ見ていただきたいので割愛しますが、とにかく主人公キリトの活躍が爽快で、話の中身も面白く、またゲームを通じて築かれていく仲間との絆がとても見所となります。


作者、川原 礫がオンライン上に掲載したこのソードアートオンラインは、なんと650万PVを記録したということからも絶大な人気をうかがい知れるというものです。
しかもこれが個人サイトだというのですから、すさまじいの一言です。


現在アニメはキャリバー編で、小説のほうはずっと進んでてアリシゼーション編です。

少しでも興味が湧かれた方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
アニメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。