So-net無料ブログ作成
検索選択
病気など ブログトップ

中森明菜の病気の原因はエイズではなくストレスによるうつ病か? [病気など]

中森明菜さんが12年ぶりに、
ニューヨークのレコーディングスタジオから生中継で、
紅白に登場しましたが、
ずいぶんつらそうに見えましたね。


2010年10月から体調不良を理由に無期限で
芸能活動を中止していた中森明菜さんですが、
その病気の原因について様々な憶測が飛び交っていました。


当時はなんの病気か明かしていませんでしたから、
もしかしてエイズではないか?なんて囁かれていましたが、
病気の原因はどうもエイズではなさそうですよ。


病気の原因として有力な説は、
うつ病と言われています。


というのも1989年に7月に、
当時交際していた近藤真彦さんと破局を迎えてから、
芸能活動を1年間休んでいました。


中森明菜さんと近藤真彦さんの2人は
順調な交際のように見られていたのですが、
近藤真彦さんのほうが本気で結婚を考えてはいなかったようです。


二人の破局を迎えて中森明菜さんは、
疲労ストレスとで
うつ病を患ったと言われています。



スポンサードリンク






また中森明菜さんは、
帯状疱疹(たいじょうほうしん)になったという噂があります。


帯状疱疹とはどんな病気かといいますと、
ストレスや過労などが原因で体の抵抗力が低下すると、
皮膚に帯のような水ぶくれの集まりができて、
痛みが襲うそうです。


うつ病の原因も帯状疱疹の原因も、
結局はストレスなのでしょうね。


たくさんのファンの方たちが、
心配していました。



中森明菜さんは第65回NHK紅白歌合戦に登場しましたが、
最初の挨拶は震える声で弱々しくとても心配でしたが、
歌い始めてみれが、
当時の歌姫は健在でしたね。^^


ニューヨークからの中継ということでしたが、
紅白のステージに響く素晴らしい歌だったと思います。


中森明菜さんの完全復活は、
もうすぐなのでしょうかね。^^



スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

羽生結弦が腹痛で精密検査し入院!結果は尿膜管遺残症だと!!! [病気など]

羽生結弦選手の受難が続きますね。

12月上旬のGPファイナルから続く腹痛だそうですが、
そうなると2~3週間位ずっと我慢していたことになりますね。


それでもフィギュアスケート全日本選手権では、
3連覇を達成するのですから、
まさにプロの鏡ですね。^^

僕とはずいぶん歳が下ながらも尊敬します。



羽生結弦選手は入院して精密検査を受けたそうですが、
この腹痛の原因は尿膜管遺残症(にょうまくかんいざんしょう)という、
珍しい病気だそうです。


尿膜管は胎児の時に
へその緒と膀胱を繋いでいる管のことだそうですが、
胎児にとっては重要なもので、
母親から酸素や栄養をもらったり、
二酸化炭素や老廃物を排出したりするもののようです。


本来生まれた後に、
尿膜管は退化して失われるはずなのですが、
ごくわずかに失うことなく残ってしまう人もいるようです。


そのわずかの確率の中の一人に、
羽生結弦選手は入ってしまったようですね。

こういっては失礼かもしれませんが、
羽生選手の特別性がマイナスに働いたように思いますね。



で、この尿膜管が残っている(遺残と言う)状態を尿膜管遺残症というそうです。

ちなみに失われずに残っていた管のことを、
管腔というそうです。


本来ないはずの管腔には垢が溜まりやすく
溜まった垢が尿に染み出したり
細菌感染を起こしたりするそうです。


以上のことから分かるように、
尿膜管遺残症は先天性の病気です。


一部では、11月に中国上海で行われた
グランプリシリーズ第3戦の中国人選手、
閻涵(イエン・ハン)選手と衝突したことが
原因のように思われていますが、
そうとも言えないようですね。

まあ、発症のきっかけにはなったのかもしれませんが・・・



スポンサードリンク






尿膜管遺残症の症状としては、
へそから膿のような分泌物が出て悪臭を放ち
へその周囲に激しい痛みが襲うそうです。


抗生剤や消毒などを使うことで、
一時治ったようになりますが、
結局管腔を取り除かないかぎり、
また再発するそうです。


取り除く方法としては、
腹腔鏡手術と言う、
お腹を大きく切り開く必要のない手術方法で、
取り除いたようです。


手術はすでに終わっているようで、
2週間の入院治療と、1カ月の安静加療が必要だといいます。


羽生結弦選手は2015年3月に世界選手権を控えている状況ですので、
一日も早い回復を期待したいですね。^^



スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鳥インフルエンザは人間に感染する?症状はどうなの? [病気など]

岐阜県可児市、宮崎県延岡市、愛知県新城市など、
鳥インフルエンザの大流行で多くの養鶏場のオーナーさんは、
涙を流したことでしょう。


丹精込めて育ててきたニワトリたちが、
突然鳥インフルエンザにかかってしまい、
無残にも焼却処分となってしまっては、
あまりにも可哀想すぎますね。


ですが、鳥インフルエンザがもたらすであろう危険性を考慮した場合、
ニワトリたちが可哀想というだけでは済まされないかもしれません。


というのも鳥インフルエンザは、
人間にも感染する可能性ゼロではないからです。


一般的には鳥インフルエンザが人間に感染する確率は、
非情に低いと言われています。


ですがゼロではありません。


2005年の東南アジアでは、
鳥インフルエンザが人間に感染して、
62人の方が亡くなっています。


他にも中国韓国、ベトナムなどでも人間に感染して、
亡くなっている人が出ています。


だからと言って僕は、
鳥インフルエンザの恐怖をあおっているわけではありません。

先にも述べたように、
人間への感染は非常に低いです。



<どうやって人間に感染する?>



養鶏場で働く人には注意が必要ですが、
鳥インフルエンザは鳥の体液や排泄物多く存在するため、
それらの処理をする時や、
病気や死亡した鳥に直接触れたり解体したりなどで、
感染する可能性があるようです。


鳥インフルエンザが発生した場所の近くにいただけで、
感染するものではないので安心してください。


なお、鳥インフルエンザのかかった鳥に
接触した可能性のある農場の従業員の方などは、
保健所による健康調査が行われているそうです。


また、日本では鳥インフルエンザにかかったニワトリは、
徹底的に処分されているため、
日本で人間が鳥インフルエンザに感染する可能性は、
極めて低いのです。



スポンサードリンク






<もし人間に感染した場合の症状は?>



突然の発熱や、咳などの呼吸器症状、結膜炎、
全身の倦怠感、筋肉痛などが現れるようですが、
ほとんどは重症化することはないと言われています。


ただ、H5N1亜型の鳥インフルエンザウイルスは、
相当危険で東南アジアで猛威を振るったウイルスが、
これになります。


下痢、出血、多臓器不全、脳炎、重篤な肺炎、
急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、多臓器不全など、
死に至る可能性もありえるので警戒は十分に必要でしょうね。




いずれにしても、
鳥インフルエンザが危険なウイルスであることは、
間違いないようです。

一番の懸念が人間に感染して、
その人間から別の人間に感染するようになった場合が大変です。

感染爆発(パンデミック)と呼ばれ、
あっという間に被害が拡大してしまうかもしれません。


ニワトリ君たちには可哀想ではありますが、
人間に移さないためにも、
涙をのむしかないのですね。



スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
病気など ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。