So-net無料ブログ作成
検索選択
流行りもの ブログトップ

塩ネイルのやり方!ジェルや溶けるなどの疑問に答えます^^ [流行りもの]

今若い女子の間で、

塩ネイルがブームになっているようです。^^


ではその塩ネイルのやり方や、

ジェルを使ってできるのか?

塩だと溶けたりしないのか?

など疑問にお応えしていきたいと思います。^^



<塩ネイルとは?>




2013年12月頃にタレントローラさんが、

テレビキャビアネイルというものを

紹介したことがきっかけのようです。



キャビアネイルは非常に粒の細かい

ビーズで爪を装飾するもので、

イギリスが発祥の地なんだそうです。



で、塩ネイルですが、

このキャビアネイルのビーズを

塩に置き換えたものになります。


ビーズと違ってどの家庭でも必ずある塩を使うため、

安くてお手軽にオシャレが出来ると評判のようですよ。^^



<塩ネイルのやり方>




まず、ネイルカラーとトップコートをたっぷり塗って、

その上に塩をバサーっとかける!!(笑)


そして指で軽く押し付けながら余分な塩を落とし、

最後にトップコートでコーティングすれば完成です!!^^


簡単ですね。^^



ネイルカラーはパステル系や少し派手目な色のほうが、

塩の白さと相まって可愛く見えるように思います。^^


また、爪全体に塩をかけてもかわいいですし、

ワンポイントに1本だけにしても、

とってもキュートでオシャレだと評判ですよ。^^



達人レベルになると、

ネイルアートの一部分の立体加工に使うそうです。


スゲ~~!!



そして塩ネイルを落とす時は、

市販のリムーバーで拭えば大丈夫ですよ。


お手軽ですね。^^



<塩ネイルはジェルでも出来るの?>




見た目のデザインだけでなく、

質感にもこだわったジェルネイルも流行りましたが、

ジェルで覆ってしまうと、

塩の質感が失われ、

ただ厚みのあるボコボコのネイルになってしまうようです。


ジェルではやらないほうがいいと思います。



<塩ネイルは手を洗ったりして溶けたりしないの?>




この疑問は大丈夫です。^^


トップコートをしっかり塗ってあれば、

水や石鹸で洗ったりしても溶けることはありません。



スポンサードリンク






<まとめ>




ネイルアートの歴史は実はかなり古く、

起源前3前年のエジプトから始まっていたようです。


日本では江戸時代から

爪を染める習慣があったといいますよ。^^



マニキュアは古くから

女性のオシャレを飾る方法だったみたいで、

今では塩ネイルが流行りっていうのも、

面白いですね。^^



塩ネイルをしている人たちは、


「お菓子みたいで可愛い


「ザラッとした質感がラメとは違う

キラキラ感を出しててキレイ


「女子力が上がるかも!」


なんて言ってるようですよ。^^


また、塩以外を使ったチャレンジャーもいるようで、

ブラックペッパー、七味、ごまなど、

粒の細かいものでも塩ネイルは出来るようですよ。^^



あなたも塩ネイルを試してみませんか?



スポンサードリンク






流行りもの ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。